にしじまクリニックでは、親子が触れ合うことを通して絆を深めるベビーマッサージを多くのお母様に知っていただくため、講習会を開いています。

出生直後から3歳までの期間に十分な親とのスキンシップが持てなかった過去は、近年多発している若年層の犯罪や、「サイレントベビー」と呼ばれる感情表現の乏しい子供の増加に影響を及ぼしているという結果が、アメリカで報告されています。
また、核家族が進む現代社会では、同時に赤ちゃんをどう扱ってよいかわからないお母さんも増えています。

ベビーマッサージは、赤ちゃんと頻繁にマッサージを通してスキンシップを得ることで、母親としての自信を深め、赤ちゃんの健康状態をよりよく把握し、赤ちゃんに安らぎと安心感を与えて将来の人間性へ大きく寄与すると言われています。
この機会に是非ベビーマッサージを習得され、赤ちゃんとの生活をより愛情豊かな楽しいものにしていっていただきたいと思います。

受講のご案内

講習は全2回、予約制となっております。

対象 生後2~6ヶ月の赤ちゃんとそのお母様
(それ以上の月齢で参加ご希望の方は電話でお問い合わせください)

ベビーマッサージを始める時期は、生後2,3カ月からが最適です。
お子様の月齢をお考え合わせの上、早めにお申し込みください。

当院以外で出産された方も受講可能です。

実施日程やご予約状況はトップページでご確認ください。

時間11:00〜(約1時間半)
会場にしじまクリニック講義室
費用1,100円(税込:全2回分)
当日受付にてお支払いください。

お問合せ・お申し込み

にしじまクリニック受付まで・・・TEL 049-262-0600

(予定人数に達し次第、次の月の実施日への仮予約となります)

|||||| ご参加にあたって ||||||

お持ちいただくもの

バスタオル 1枚 フェイスタオル 1〜2枚 筆記用具 
赤ちゃんのための換えオムツ(オムツははずして行います)
ミルク、汗をかいた場合の着替えなど。

・当日はフロアに座って施術を習いますので、動きやすい服装(スカート不可)でお越しください。
赤ちゃんが裸になるため室温を上げますので、お母様は脱ぎ着ができるようにしてください。

・当日、お母様は爪を短く切って、マニキュアを落としてきてください。

・アクセサリー、時計類ははずして講習に臨んでいただきますので、あらかじめ管理しやすいご準備をお願いいたします。

・インストラクターはIFA(International Federation Of Aromatherapists)認定校のセミナー修了者です。

・講義終了後約30分は、ハーブティを飲みながらご歓談いただけます。お母様同士のご交流にお役立てください。

・マッサージは赤ちゃんの満腹時、空腹時はうまくできませんので、できれば講習開始時間の1時間前くらいまでに、授乳を済ませてきてください。

えんどう師長の助産師外来

当クリニックでは、毎週火曜日と金曜日に助産師外来を行っております。
妊娠中のマイナートラブルへの対応、分娩に対する想いや不安をお伺いし、
積極的にご自分のお産に臨めるよう患者さまをサポートしてまいります。

たとえばこんな時に !!

先生に受診するほどのことではないけれど、ちょっと聞きたいことがあって...

少し心配だなぁ…これって誰に聞けば良いの?

女性同士だから気軽に相談できることもあって…

詳細はこちら

×

マタニティライフ シミュレーション

妊娠がわかったその日から始まるマタニティーライフのひとつひとつの段階を、
具体的にイメージしていただけるよう時系列的に7つのシーンにまとめてみました。
にしじまクリニックでこんな場面を経験しながら、一歩ずつママに近づいていきます...

詳細はこちら 

×

Conciergeのように...

〜私たちがお手伝いします〜

あなたの妊娠・出産を暖かく見つめる、助産師とアロマセラピストの連携

にしじまクリニックでは専属の5人のアロマセラピストが、院長や助産師と情報を共有し、話し合いを重ねて、患者様の日常生活の質向上をサポートしています。
セラピストを見かけたら、どうぞお気軽にお声をおかけください。

アロマテラピーサービスのご案内 

×

副院長の見たアフリカお産事情

当院副院長、西島翔太は2015年7月~10月、国境なき医師団の産科要員として、
ナイジェリアに派遣されました。
そこで見たのは乳児死亡率(生後1年未満までに死亡する乳児比率)が0.2%と世界一低い
日本の37倍というナイジェリアの凄まじい出産事情でした。
新聞記事と派遣元広報に掲載されたレポートをご紹介します。

Link 国境なき医師団ウエブサイト「海外派遣スタッフの声 西島 翔太」

東京新聞 2015年11月26日掲載


×