助産師と一緒に、お産に向かって自分自身の生む力を育んでみませんか?

妊婦体操を通じて、運動し、姿勢、リラックス、呼吸を体で感じることは、妊娠中のマイナートラブルの予防・改善に繋がります。
また、お産に関わる骨盤周りの筋肉や関節を軟らかくすることで、よりよいお産に繋がります。

参加されている皆さま同士の情報交換や助産師とのコミュニケーションの場にもなると思いますので、どうぞぜひご参加ください。

ご案内

日程毎月第1、第3木曜日 
時間14:30〜16:30(所要時間2時間)
会場にしじまクリニック
対象当院出産予定の方で妊娠15週から分娩前まで
(医師の判断により実施できない場合もあります)
定員8名
費用無料
お持ちいただくもの

動きやすい服装 タオル 飲み物

お問合せ・お申し込み

にしじまクリニック受付まで・・・TEL 049-262-0600

えんどう師長の助産師外来

当クリニックでは、毎週火曜日と金曜日に助産師外来を行っております。
妊娠中のマイナートラブルへの対応、分娩に対する想いや不安をお伺いし、
積極的にご自分のお産に臨めるよう患者さまをサポートしてまいります。

たとえばこんな時に !!

先生に受診するほどのことではないけれど、ちょっと聞きたいことがあって...

少し心配だなぁ…これって誰に聞けば良いの?

女性同士だから気軽に相談できることもあって…

詳細はこちら

×

マタニティライフ シミュレーション

妊娠がわかったその日から始まるマタニティーライフのひとつひとつの段階を、
具体的にイメージしていただけるよう時系列的に7つのシーンにまとめてみました。
にしじまクリニックでこんな場面を経験しながら、一歩ずつママに近づいていきます...

詳細はこちら 

×

Conciergeのように...

〜私たちがお手伝いします〜

あなたの妊娠・出産を暖かく見つめる、助産師とアロマセラピストの連携

にしじまクリニックでは専属の5人のアロマセラピストが、院長や助産師と情報を共有し、話し合いを重ねて、患者様の日常生活の質向上をサポートしています。
セラピストを見かけたら、どうぞお気軽にお声をおかけください。

アロマテラピーサービスのご案内 

×

副院長の見たアフリカお産事情

当院副院長、西島翔太は2015年7月~10月、国境なき医師団の産科要員として、
ナイジェリアに派遣されました。
そこで見たのは乳児死亡率(生後1年未満までに死亡する乳児比率)が0.2%と世界一低い
日本の37倍というナイジェリアの凄まじい出産事情でした。
新聞記事と派遣元広報に掲載されたレポートをご紹介します。

Link 国境なき医師団ウエブサイト「海外派遣スタッフの声 西島 翔太」

東京新聞 2015年11月26日掲載


×