Column

石田先生との出会い

2019年1月、カンボジアで石田先生と婦人科手術を行ってきました。カンボジアでの医療提供は私自身、今回で3回目となります。
場所は首都のプノンペンからおよそ1時間、ジャパンハートという日本の非営利組織が管理する病院で行いました。

ジャパンハートについてはこちら

石田先生との出会いはおよそ3年前となります。私は国境なき医師団の派遣帰国後、院長の経験や技術を学ぶために、にしじまクリニックで働くようになりました。今まで大病院・組織でしか働いてこなかった私は地域医療の向き合い方や優れたリーダーシップ像とは何か等、様々な迷いが出てきました。そんな中、他医療地域・施設で第一線で働いている医師を見たく、ジャパンハートによるカンボジアでの医療ボランティアの参加機会を得ることができました。
そこで出会ったのが石田先生です。石田先生はジャパンハートスタッフとして、カンボジアに住み込みチームリーダーとして大いに活躍されていました。
石田先生は真面目で愛嬌があり、スタッフを引っ張っていくことのできる魅力的な先生です。技術面でも頸部から下腹部手術をこなす、本当のジェネラルフィジシャン・サージェオンです。ボランティアを終え、彼とクリニックで働けたら最高だろうな、と1年思い続けた後、再度カンボジアへ向かい、石田先生に当院で働いて頂けませんか、とオファーを出しました。そしてありがたい事に2018年4月から当院の常勤医として働いてくれています。

石田先生がクリニックに加わったことで、新たな知識を得たり、既存の医療提供をアップデートしやすい環境が生まれました。それらを妊婦さん患者様へ還元できるようにマネージするのが私の責務だと考えています。
石田先生のみならず、当院スタッフは皆共通して優しい性格をしており、真面目です。恵まれたスタッフに感謝しながら、皆さまが産婦人科症状でお困りの時に気兼ねなく通える、にしじまクリニックを目指していきます。

2019年1月 副院長 西島 翔太