外来と入院エリアに専属のアロマセラピストを配し、
妊娠全般を通じて患者さまをサポートしています。
にしじまクリニックでの受診と分娩が、
皆さまにとって快適で素晴らしい体験となりますよう、精一杯努めてまいります。

通院中の患者さまへ

*アロマテラピートリートメント

予約制

院長の指導の下、英国IFA認定セラピストが、患者さまひとりひとりの心身の状態に合わせて、パーソナルなコンサルテーションとトリートメントを行います。
妊娠が分かった時から出産当日まで施術が可能です。
トリートメント後は、陣痛時に使用する香りのご相談も承っております。お気軽にご相談ください。


  メニュー・プライスはこちら

*フリーマッサージ

無料/ご希望者(所要時間10〜15分)

場所:2階トリートメントブース

不定期(当日受付)に行っております。
診察が終わった後や待ち時間に、ほっと一息つかれてはいかがですか?

※毎月第1火曜日(10:00~12:20)は予約が可能です。
 当院予約システムからご予約下さい。


  詳細メニュー(PDF)

*NST時フットバス&マッサージ

無料/全員

36週以降の健診時NST計測中に3~4種類の香りからお好きな香りをお選びいただき、あたたかいお湯で足を温めながらアロマセラピストがフットバスの中でマッサージを行います。
妊娠後期の悩みのひとつでもある、足のむくみを楽にします。
下肢の衣服は着脱が楽なものでお越しいただけますと幸いです。

※来院指示の場合は、スケジュールの都合上サービスを実施できない場合がございます。ご了承ください。

ご出産時

*分娩時アロマケア

無料/ご希望者 (日中のみ)

分娩進行状況により助産師から指示があった場合、セラピストが「陣痛緩和・疲労緩和」のマッサージを行います。
付き添いのご主人様がいらっしゃる場合は、陣痛・疲労緩和のマッサージのレクチャーも致します。
ご主人様のサポートも加わりご夫婦一緒にご出産を乗り切ることで、ご出産の達成感を更に感じ、ご夫婦の絆もより深めて頂けること思います。

入院中の患者さまへ

*アロマテラピートリートメント

クリニックからのお祝いの無料サービスです。

約40分のトリートメントまたはリフレクソロジーに加え、オプションメニューもご用意しています。


  アニバーサリーサービスのご案内(PDF)

*デフューザーサービス

無料

それぞれの病室にセラピストがお伺いして、お好きな香りをお部屋に焚きます。

*フリーショルダーマッサージ

無料

悪阻や切迫流産などの長期間入院の患者さまのお部屋にセラピストがお伺いして、
肩のマッサージを行います。

*シッツバスケア

無料

会陰切開痕や痔核の鎮痛・消毒のため、院長指示で
温かいアロマシッツバス(座浴)ケアを行います。

退院後の患者さまへ

*アロマテラピートリートメント

予約制

生後2か月までは赤ちゃんとご一緒にお越し頂けます。
育児や睡眠不足で疲れたお身体の癒しにぜひご利用ください。


※院内サロンでは、出産後何年経っても通院中の患者さまと同様のトリートメントが受けられます。


  メニュー・プライスはこちら

えんどう師長の助産師外来

当クリニックでは、毎週火曜日と金曜日に助産師外来を行っております。
妊娠中のマイナートラブルへの対応、分娩に対する想いや不安をお伺いし、
積極的にご自分のお産に臨めるよう患者さまをサポートしてまいります。

たとえばこんな時に !!

先生に受診するほどのことではないけれど、ちょっと聞きたいことがあって...

少し心配だなぁ…これって誰に聞けば良いの?

女性同士だから気軽に相談できることもあって…

詳細はこちら

×

マタニティライフ シミュレーション

妊娠がわかったその日から始まるマタニティーライフのひとつひとつの段階を、
具体的にイメージしていただけるよう時系列的に7つのシーンにまとめてみました。
にしじまクリニックでこんな場面を経験しながら、一歩ずつママに近づいていきます...

詳細はこちら 

×

Conciergeのように...

〜私たちがお手伝いします〜

あなたの妊娠・出産を暖かく見つめる、助産師とアロマセラピストの連携

にしじまクリニックでは専属の5人のアロマセラピストが、院長や助産師と情報を共有し、話し合いを重ねて、患者様の日常生活の質向上をサポートしています。
セラピストを見かけたら、どうぞお気軽にお声をおかけください。

アロマテラピーサービスのご案内 

×

副院長の見たアフリカお産事情

当院副院長、西島翔太は2015年7月~10月、国境なき医師団の産科要員として、
ナイジェリアに派遣されました。
そこで見たのは乳児死亡率(生後1年未満までに死亡する乳児比率)が0.2%と世界一低い
日本の37倍というナイジェリアの凄まじい出産事情でした。
新聞記事と派遣元広報に掲載されたレポートをご紹介します。

Link 国境なき医師団ウエブサイト「海外派遣スタッフの声 西島 翔太」

東京新聞 2015年11月26日掲載


×