当クリニックでは24〜25週の妊婦健診と妊娠36週の妊婦健診の患者さまを対象に
助産師外来を行っております。
通常行われる妊婦健診、超音波検査の他、疑問や不安にお答えしたり、
妊娠中のマイナートラブルへの対応方法の指導をしております。
また、分娩に対する想いや不安をお伺いし、積極的にご自分のお産に臨めるよう、
そして安心して出産できるように患者さまをサポートしていくことを目的として行っております。

※追加日がある場合はこのページで随時ご案内します。

毎週火曜日・金曜日対象:24〜25週の妊婦健診と妊娠36週の妊婦健診の患者さま
遠藤師長が担当します

対象の週数以外であっても、相談したいこと・不安や疑問等ございましたらお気軽にクリニックスタッフまでお声かけください。

妊娠中の乳房ケアについても指導しております。

助産師外来は予約制です。

Tomomi Endo

遠藤 知実

1992年4月 助産師資格取得
2006年9月よりにしじまクリニック病棟勤務

助産師歴23年になりますが、皆さまのお産にかかわらせていただき、かわいい赤ちゃんの誕生の瞬間を共に喜び合うことが、自分のエネルギーになっています。産後も笑顔で楽しく育児ができるように、おっぱいのケア、育児相談を行い、全力で皆さまのサポートをしていきたいと思っております。

えんどう師長の助産師外来

当クリニックでは、毎週火曜日と金曜日に助産師外来を行っております。
妊娠中のマイナートラブルへの対応、分娩に対する想いや不安をお伺いし、
積極的にご自分のお産に臨めるよう患者さまをサポートしてまいります。

たとえばこんな時に !!

先生に受診するほどのことではないけれど、ちょっと聞きたいことがあって...

少し心配だなぁ…これって誰に聞けば良いの?

女性同士だから気軽に相談できることもあって…

詳細はこちら

×

マタニティライフ シミュレーション

妊娠がわかったその日から始まるマタニティーライフのひとつひとつの段階を、
具体的にイメージしていただけるよう時系列的に7つのシーンにまとめてみました。
にしじまクリニックでこんな場面を経験しながら、一歩ずつママに近づいていきます...

詳細はこちら 

×

Conciergeのように...

〜私たちがお手伝いします〜

あなたの妊娠・出産を暖かく見つめる、助産師とアロマセラピストの連携

にしじまクリニックでは専属の5人のアロマセラピストが、院長や助産師と情報を共有し、話し合いを重ねて、患者様の日常生活の質向上をサポートしています。
セラピストを見かけたら、どうぞお気軽にお声をおかけください。

アロマテラピーサービスのご案内 

×

副院長の見たアフリカお産事情

当院副院長、西島翔太は2015年7月~10月、国境なき医師団の産科要員として、
ナイジェリアに派遣されました。
そこで見たのは乳児死亡率(生後1年未満までに死亡する乳児比率)が0.2%と世界一低い
日本の37倍というナイジェリアの凄まじい出産事情でした。
新聞記事と派遣元広報に掲載されたレポートをご紹介します。

Link 国境なき医師団ウエブサイト「海外派遣スタッフの声 西島 翔太」

東京新聞 2015年11月26日掲載


×