ミレーナについて

最近、テレビ効果かミレーナ®についてのご質問が多く、ブログに載せることにしました。

ミレーナ®はレボノルゲストレル放出子宮内システム、いわば黄体ホルモンを放出する子宮内デバイスです。

ちなみに、『レボノゲストレル』は緊急避妊薬としても使われる黄体ホルモンです。なお先日ピルについてのブログ投稿でも書かせていただきましたので、是非とももう一度ご確認ください。

ピルについて

現在日本ではミニピル、いわゆる黄体ホルモン単独のピルが、緊急避妊薬以外には用いることができないため、血栓リスクを理論上下げるためには、このミレーナが有効と考えます。

治療の適応は過多月経月経困難症となります。

自費診療として避妊目的にも使用可能です。

参照サイトhttps://whc.bayer.jp/mirena/mirena/index.html

にしじまクリニックではご来院後にまず問診、その後外来診療でエコーによる子宮の評価、性感染症のチェックをさせていただきます。可能なら子宮がん検診も強くお勧めします。もろもろの結果で異常ないことを確認した後、子宮内へミレーナ®挿入となります。

挿入装着時期は月経開始後1週間以内を目安にしてください。

ミレーナ®の使用を開始してから数ヵ月間3ヶ月が目安)は月経時期以外の出血がみられことがあります。 しかし、通常は時間の経過とともに減少します。

装着後は定期的な診察をお願いしています。装着留置期間は5年間です。

装着希望の方の注意点として、『子宮は筋肉による蠕動運動がある』ことがキーポイントになります。せっかく良い位置に挿入しても後にズレてしまう事があるのです。例えば、分娩後6週未満の方は装着を控えていただきます。子宮復古のため、オキシトシンという体内ホルモンによる子宮収縮が起こり、装着後のズレや子宮穿孔のリスクがあるからです。

気になる点ございましたら、私院長もしくは副院長石田にご相談ください。

いよいよ年末ですね。本日で今年の外来診療は終了となります。おかげさまで外来数は増加傾向で大変ありがたいことです。にしじまクリニックを頼っていただき、本当にありがとうございます。

来年は1月4日(土)から外来診療をスタートします。もちろん年末年始の分娩および緊急対応に休みはありません。

今後ますます、経験のみならず正しい知識とエビデンスを活用し、できるだけ皆さまの気持ちに寄り添える診療をしていく所存です。一緒にお悩みを解決していきましょう。

参考)

バイエル薬品株式会社 Web conference(2019年11月21日)

Essential obstetric and newborn care, 2015 edition