帯状疱疹はうつるのか?

帯状疱疹は、水痘(水ぼうそう)と同様に水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV: Varicella Zoster Virus)によるものです。幼少期に水痘にかかったことがある人はこのウイルスが体内に潜伏しており、その後免疫の働きが低下しウイルスの再活性化により帯状疱疹として皮疹や痛みを起こす可能性があるのです。

帯状疱疹になった場合、他の人が帯状疱疹になることはありません(免疫の働きが低下した人を除き、既に水痘にかかったことのある人が帯状疱疹がうつることはありません)。ただし

主に接触によって水痘になったことのない人は水痘になるおそれがあります。

帯状疱疹を発症した場合に気をつけること

・帯状疱疹の主な感染経路は皮疹との接触感染であることを認識しましょう。お風呂の共有は控えましょう。

・まだ水痘にかかったことのない人、特に乳幼児との接触、また免疫の働きが下がりやすい妊婦との接触は避けましょう。

妊婦が帯状疱疹になった場合は一般的には児の異常は認めません。

ただし、免疫をもたない妊婦が水痘にかかると自身の重症化(水痘性肺炎)や経胎盤的に胎内感染をおこし先天性水痘症候群のおそれがあります。

・帯状疱疹は皮疹の場所を保護すれば出勤停止などの措置はありません。ただし痛みが強く伴う場合は回復を待ち、安静につとめましょう。

院長執筆

妊娠と麻疹(はしか)

こんにちは、副院長の石田です。

先日、「都内で3年ぶりに麻疹患者確認!」というセンセーショナルな見出しがニュースに出ましたが、それを受けて不安を感じた妊婦さんたちから「かかっても大丈夫ですか?」という質問をいただきます。もちろん感染症は病気なので「大丈夫」ということはないのですが、具体的にどんなことが心配なのかについて解説したいと思います。

麻疹とはどんな病気なのか?

麻疹はウイルスによって引き起こされる全身感染症です。主に空気感染によって伝播して行きますが、その感染力は数ある感染症の中でも最強クラスで基本再生産数(R0)はCOVID-19やインフルエンザが3〜4くらいなのに対して麻疹は15前後と「同じ空気を吸うだけで感染する」「すれ違っただけで感染する」と描写されるくらいにとても高いです。感染が成立すると幅はあるもののおおよそ2週間前後で発熱、倦怠感、咳、結膜炎などで発症し、続いて発疹が見られるのが特徴です 1)2)。そう書くとなんだか普通の風邪っぽい印象になるかもしれませんが、実際の症状はかなり強いようで肺炎や脳脊髄炎などに移行して重症化することもあり、2018年には世界でも14万人以上の人が麻疹のために亡くなったということです。決定的な特効薬は存在しないためワクチンによる予防が対策の鍵となります。

妊娠と麻疹

三日ばしかと呼ばれることもある風疹と混同されることもありますが、母体に感染すると胎児に難聴、失明、心疾患などといった影響を及ぼす風疹と違って先天奇形との因果関係は指摘されていません。その一方で感染した妊婦が重症化しやすかったり、流早産や子宮内胎児死亡や母体死亡のリスクが高いとされています 3)。その他、胎児が子宮内感染し出生後に発症する先天性麻疹という病態もありますが、それが懸念される場合には別途特別な対応を行うこととなります。

まとめ

本日は妊娠と麻疹について超簡単にお話ししました。麻疹はそれ自体が非常に強い感染力と症状がありますが、妊娠という免疫機能が控えめになった状況と合わさるとさらにリスクが上がります。そうそう流行するものでもありませんがその一方で定期的に話題になるのも事実ですので、ワクチン以外の対策が難しい感染症ではあるものの妊婦さんにおかれましては感染防御に、またご家族に関してはできるだけ持ち込まないようにワクチン接種を含めて心がけていただければと思います。

1) Richardson M, et al. Pediatr Infect Dis J. 2001;20(4):380
2) Hubschen JM, et al. Lancet. 2022;399(10325):678
3) Ogbuanu IU, et al. Clin Infect Dis. 2014 Apr;58(8):1086-92

正期産とは

おはようございます。この度、私院長と副院長の石田による、ブログを開設することになりました。

当院の妊婦さんや患者さんは、大変勉強熱心な方が多いです。妊娠が判明しお渡しする当院のテキストや、顧問(先代院長)の本を熟読されて妊婦健診に望まれています。両親学級も皆さん真剣に受講されており、大変ありがたいことです。

医療を提供する側として、少しでも皆さまのお役にたちたいと常に考えています。テキストや両親学級、もちろん外来や入院時でのアドバイスのほか、新たな情報提供の場として今回ブログを立ち上げることになりました。

当院の価値観として、『エビデンスに基いた、親身ある産婦人科医療とサービスを提供する』をかかげております。

インターネットでわからない事があれば簡単に検索できる時代です。ただし、その情報はどのくらい正確でしょうか。このブログでは、そのような不安や心配を解消するツールの一つになることができれば、と考えています。

さて、初回のブログは、『正期産』に関わる定義についてご説明します。

赤ちゃん(児)は分娩予定日ちょうどに必ずしも産まれるわけではありません。そうだとしたら、何週から何週までの間に 産まれるのでしょうか。また産まれるのが望ましいのでしょうか。

妊娠37週から41週までの出産を正期産となります。妊婦さんはこの辺りでの出産が多く、分娩の約90%は正期産といわれています。

妊娠36週までの出産を早産、妊娠42週以降の妊娠状態を過期妊娠といいます。

早産では児の未熟性が、過期妊娠では児の健康状態が問題となります。妊娠42週以降は児に関わる罹病率が高くなるので、妊娠41週中になるべく出産したほうが安全だと考え、私は外来で、その時期になると皆さまへ誘発分娩を進言させていただく場合があります。1)

一方、妊娠35〜36週の早産児の生命予後は正期産児のそれと比べて変わらないことが判っています。もちろん、その後未熟性がないか出産後、慎重に診てまいります。

1)産婦人科診療ガイドライン 産科編2017