コーチングとティーチングの使い分け

皆様も職場で上の立場の場合、リーダー役または他スタッフをまとめる事があるかと思います。そこでコーチングとティーチングを使い分けをされているでしょうか?

コーチング(Coaching)の基本概念

コーチングは『人の目標達成を支援する』事を理念としています。問いかけて聞く事を中心とし、双方向のコミュニケーションを通して相手がアイディアや選択肢に自ら気づき、自発的に答えを導き出す手法・スキルとなります。

ティーチングとは

学校教育など「教える側」が存在し、知識や経験が少ない相手にルールやノウハウを教える事をいいます。

コーチングとティーチングの使い分け

相手をよく観察し、習熟度を知り、コーチングとティーチングの使い分けを行う事が可能となります。

ティーチングは『答えは教える側が持っている』

コーチングは『答えは相手の中にある』

のです。

コーチング原則

・アドバイスをしない:上記のとおり、『答えは相手の中にある』、『人の目標達成を支援する』事が重要のため、一方通行のアドバイスは行いません。

(私院長の個人的意見としては、価値観を押し付けてはいけませんが、到達目標をはっきり共有していないとコーチングはブレてしまうと思います。また、コーチングを行う人が知識と経験が豊富で、何よりコーチングを受ける人達に対し、なんでも言いやすい(話しやすい)環境『心理的安全』を整えることが重要です。)

・カウンセリングをしない:相手の過去の問題を扱い、問題を解決するようなことをしないのがコーチングの一原則です。

・相手の行動を制限しない:繰り返しますが、自分の価値観を押し付けて「この人には無理」と判断する事は危険です(そう思ってしまうなら、インストラクターとして担うのは難しいでしょう)。

このコーチングやティーチングは、医療従事者のみならずどの職業でも必要なスキルだと思います。にしじまクリニックでは、上の立場を目指すスタッフにはこのスキルを習得し、インストラクションしてもらうようにしてもらっています。

(院長執筆)

参考文献;

2022年1月8日ALSO/BLSOインストラクターコース資料から

子育て本の紹介: 小児科医のぼくが伝えたい最高の子育て

こんにちは、副院長の石田です。

このブログを読んで下さっている方には妊娠中であったり出産を終えて子育て中だったりする方も多いかと思いますが、そんな皆さんは何か育児に関して何か参考にしているものはありますか?自分達の親や周りのママ友、保育園・幼稚園や学校の先生などから貴重なアドバイスをもらえることもあるでしょうし、育児系のネット記事や雑誌にも良いことがたくさん書いてあるかもしれません。もちろん子供の個性や家庭の事情、住む場所や時代によって一つとして正解はありませんが、今回は私が読んで参考になったと思う本を紹介させていただこうと思います。

小児科医のぼくが伝えたい最高の子育て

慶應義塾大学小児科教授の高橋孝雄先生が執筆された本です。医者が書いた育児本というと小難しい論文を死ぬほど引用してきて快刀乱麻を断つようにああしなさい、こうしなさいと白黒はっきりつけて書かれていそうですが、本書はそういった余地の無いマニュアル本ではなく、むしろ読み手とその子供を尊重し肯定してくれるような内容になっています。

中身は全4章に分かれており、前半の1〜2章は子供たちのもつ強さや能力についての解説、3章は子供との関わり方に関する提案、4章は子供のもつ強さが先生が経験した実際の患者さんのエピソードとともに書かれていますが、本書を通して一貫して訴えられているメッセージは「生まれた時点で全ての子供は大きな潜在能力を持っている」ということです。誰しも我が子が生まれた瞬間にはその子の存在自体に大きな感動と感謝をするものですが、子供が育ってくるに従って少しずつできること、できないことが目についてしまうものです。しかし筆者の考えではそういったことは長期的な視点に立てば些末なことであり一喜一憂する必要は全くなく、むしろ親の最も大切な役割は子供たちが自分達のペースでゆっくりと成長していくのをどっしり構えて気長に待ってあげましょうというスタンスです。

文中にある「子供の能力は遺伝子に全て書いてある」的な話は身も蓋も無いような気がしてしまいますが、だからこそ親は子供の得意不得意などに責任を感じすぎることはないし、むしろ子供を信じてしっかり愛情を注いでいればあとは子供たちが自分のタイミングでそれぞれに能力を開花させていきますよという筆者からのメッセージは、受験戦争や習い事の数など何かと周りの家庭と比較して焦らされてしまう現代の親子にとっては、子供の未来を最適化するために何が必要なのかを再度冷静に見つめ直すのに良いきっかけを与えてくれるかもしれません。

まとめ

というわけで本日は育児本のご紹介でした。似たような啓発めいた本は他にもありますが、それらと本書が違うのは提言の一つひとつを科学的なエビデンスや高橋先生の臨床医としての経験が裏打ちしており決して空論に終わっていないところです。もちろん冒頭でもお伝えした通り正解がないのが育児であり、そのため本書が必ずしも全てのご家庭にマッチするわけではないと思いますが一読の価値はあると思いご紹介させていただきました。もしご興味のある方は試しに読んでみてください。

出版社のリンクはこちらです→https://magazineworld.jp/books/digital/?83873013AAA000000000

※ちなみに高橋先生とは特に面識はなく、上のリンクも収益化されたアフィリエイトなどではありません。そのため当院と本書に関して特別な利益相反関係はありません。

授乳中の食生活について

こんにちは、副院長の石田です。

お産後、お母さんたちの最初のお仕事は授乳です。感染症など特定のご事情をお持ちの方以外は通常母乳を主とした授乳が開始されるわけですが、我が子に少しでも良い母乳を作ってあげたいと色んなことに気を遣うお母さんも少なくありません。特に授乳中の食べ物は敏感になる話題の一つですが、巷では様々な情報が飛び交っており混乱してしまう方も多いと思います。そこで今回は授乳と食事の関係について解説していこうと思います。

母乳と食事は関係あるのか

当たり前ですが母乳はお母さんの体内にあるタンパク質や脂肪などを原料として乳腺で作られます。そのため関係あるのかと聞かれればそれは「ある」ということになりますが、実は食事の違いが母乳に及ぼす影響は極めて限定的と考えられています。例えば母乳中のタンパク質の質や量は食事の影響をほぼ受けません 1)。また、母体における多少の摂取エネルギーの制限や体重減少は短期間であれば母乳量にも影響が出ないことが知られています 2)3)。その一方で脂質に関しては、母親の不飽和脂肪酸(DHAやEPAなど)の摂取量が増えると母乳中のそれらの濃度が上昇する可能性が知られています 。不飽和脂肪酸は魚に多く含まれていますが、赤ちゃんの脳の発達に関係があると考えられているためエビデンスは不十分ながら魚の摂取を推奨する医療者も少なくありません 4)。いずれにしてもお母さんの体には、小さな赤ちゃんを守るためにどうにかやりくりしながら母乳の質を一定に保つような機能が備わっているんですね。

乳腺炎と食事

授乳中のトラブルとしてたくさんのお母さんを悩ませているのが乳腺炎です。おっぱいが上手く出せなかったり詰まったりすることで痛みや熱を出したり、時として細菌が中に入り込んで膿が溜まってしまうこともありとてもしんどいんですね。そんな厄介な乳腺炎ですが、よく言われるのは生クリームがよくないとか肉を食べすぎると乳腺炎になりやすいといったことです。なんとなく脂肪が原因みたいなイメージが先行してこのような噂が立ちがちですが、実は乳腺炎になりやすい食事というものは今のところ見つかっていません 5)。なのでこの手の話は心配しすぎなくて大丈夫だし、乳腺炎になってしまったとしてもご自身の食生活を後悔し過ぎる必要はありません。ちなみにビタミンEはもしかしたら乳腺炎のリスクを低下させるかもしれないということです 6)。

結局授乳中の食事はどうしたらよいのか?

ここまで読んでいただくと、「じゃあ好きなもの食べてればそれでいいのか?」ということになりそうですがもちろんそんなことはなく、大切なのはバランスの良い食事という割と当然の結論に落ち着きます。授乳中は自分と赤ちゃん二人分の栄養や多くのビタミン、ミネラルが必要になります。カロリーで言えば300〜400kcal余分に必要となるのでしっかり食べることはとても大事です。(摂取栄養が減っても母乳の質が下がらないということは、赤ちゃんに優先的に配分されてお母さんの取り分が減っているということです。)魚が良いと書きましたが、その一方で種類によっては水銀摂取が問題になるので気をつけてください。ベジタリアンの女性ではビタミンB12が不足し、赤ちゃんの神経発達に悪い影響を及ぼすかもしれません。どうしても動物性の食材を摂れない場合はサプリなどで補うことも検討しましょう。カフェインは妊娠中と同様気をつけた方が良いとされています。7)8)

まとめ

というわけで本日は授乳中の食生活についてお話しいたしました。上記のように、「健康的な食生活を心がけましょう」でおしまいというあまり面白くない結論ではありますが、逆に特別気を張らないでいいんだと安心していただければ幸いです。ところで妊娠・出産を経ると味覚や食事の好みが変化する女性も少なくありません。もし好き嫌いのある方であれば、是非これを機会に嫌いな食べ物を克服できるか試してみてはいかがでしょうか?

1) Sanchez-Pozo A, et al. Hum Nutrition Clin Nutr. 1987;41(2):115

2) Butte NF, et al. Am J Clin Nutr. 1984;39(2):296

3) McCrory MA, et al. Am J Clin Nutr. 1999;69(5):959

4) Section on Breastfeeding. Pediatrics. 2012;129(3):e827

5) Department of Child and Adolescent Health and Development, WHO. Mastitis Causes and Management. 2000

6) Filteau SM, et al. Immunology. 1999;97:595-600

7) NHS. Breastfeeding and diet: https://www.nhs.uk/conditions/baby/breastfeeding-and-bottle-feeding/breastfeeding-and-lifestyle/diet/

8) CDC. Breastfeeding: https://www.cdc.gov/breastfeeding/index.htm

レズビアンの女性と健康管理について

こんにちは、副院長の石田です。

10/31に総選挙がありましたが、今まで以上に夫婦別姓や性的マイノリティーなど多様性に関する公約が大きな争点の一つとなったことが印象的でした。そこで本日は、意外と誤解の多いレズビアンの方々の健康管理についてご紹介させていただこうと思います。

同性愛女性の健康リスク

同性愛者の女性は異性愛者と比べていくつかの点で健康リスクが高いことが知られています。具体的には肥満率や喫煙率の増加、精神疾患の罹患率やDVリスクの上昇が指摘されています 1)。これらは欧米のデータであり、日本人でどうなるかは今後の調査が待たれますが、こういった傾向は同性愛者に特徴的な医学的要因があるというよりは、性的マイノリティーに対する社会の偏見が当事者に対して慢性的なストレスとして作用することが一因と考えられており、ある意味で当事者の方々が本来負う必要のない健康リスクを背負ってしまっているという側面は注目されるべきだと思われます。

子宮頸がんのリスクも上昇する可能性

以前からこのブログでもお伝えしていますが、子宮頸がんはその大部分が性交渉によるヒトパピローマウイルス(HPV)への感染を起点として罹患します。そう聞くとあたかも陰茎の挿入が無ければリスクが低いと思われがちですが、実は粘膜の接触のみで十分感染するので女性の同性愛者であっても関係なくリスクは存在するんですね。それにも関わらず上記のような誤解が広まっているためレズビアンの女性では子宮頸がんワクチンの接種率が低いことが指摘されており、そのせいで子宮頸がんの罹患リスクが異性愛者と比べて高まることが懸念されています 2)3)4)。

ほかに気をつける感染症

HPV以外にも性病で言えばクラミジアやコンジローマなんかは普通に接触感染でうつります。というか、異性愛者のようにコンドームを使えないせいか感染率は上がってしまう可能性が示唆されています 1)。一方でHIV感染は極めて稀であるものの確認されていることには注意が必要です。要は陰茎の挿入や射精という特定の行為が無くてもセックスにまつわる様々なリスクはレズビアンの方々であっても意外に下がらないということなんですね。

まとめ

というわけで本日はレズビアンの女性と健康管理について少しご案内いたしました。私的に一番伝えたいのは、同性愛者の女性でも子宮頸がんワクチンや頸がん検診の恩恵は十分に期待できるのでお勧めですということです。
社会の在り方や意識が少しずつ変容してはいるものの、性的少数者に対する正確なヘルスケア情報を得るのが難しいという問題があります 5)。そうした状況が少しでも改善してみんなが元気でいられるように微力ながらこれからも発信していきたいと思います。

1) Daniel AK, et al. Am Fam Physician. 2017;95(5):314-321

2) Marina A, et al. Ann Intern Med. 2015 Jul 21;163(2):99-106

3) McRee AL, et al. Vaccine. 2014;32(37):4736-4742

4) Robinson K, et al. BJOG 2017;124:381-392

5) Daniel AK, et al. Am Fam Physician. 2017;95(5):314-321

海外の周産期事情を知る

先日、国境なき医師団の広報活動の一つとして、春日部共栄中学校の生徒さんに2015年と2018年に行ったナイジェリアミッションについてお話しさせてもらいました。

国境なき医師団は、非営利の医療・人道援助団体で医師とジャーナリストによって1971年にフランスで設立されました。今年で設立50周年を迎えます。また1999年にノーベル平和賞を受賞した医療組織でもあります。

主な活動は緊急医療援助のほか、証言活動も重要な活動でして、説明責任と透明性を遵守し独立性、中立性、公平性のある活動を行っています。

活動する地域の半数がアフリカを占め、私院長も2回のミッション・派遣がギニア湾に面したナイジェリアでした。

ではWHO・GHOによる統計から周産期事情を見てみましょう。

Infant mortality rate(乳児死亡率)に注目しましょう。1000出生あたり、日本は1.80に対し、

ナイジェリアは74.16と、もう桁が違いますよね。「ナイジェリアで分娩したら、あなたが生まれる子の致死率が74倍上がります。」と言われたらどう思いますか?

また、内外が混沌としているアフガニスタン。つい1ヶ月前に私のメンターである看護師(女性)がミッションを行ってきました。世界各国がタリバンを政府として承認するかどうかと言っている間にも、多くの家族と赤ちゃんの立場が危うくなっています。

コロナ禍で海外へ目を向けることが難しい中、今回の講演を聴いてくれた中学生の皆さんが少しでも「海外の周産期事情」を垣間見え、また感じてもらったのかな、と思います。